ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

【2023/11/25】前日の米株は高安まちまち 短縮取引で薄商いでも値を保つ強さ

 

今週の予定

 

marutopeke.com

 

マーケットの注目材料

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の投資日記

米国相場

 

 

 

感謝祭明けの米国市場は短縮取引。

株式はほぼ横ばいで終えて、10年債利回りは上昇。

金利上昇を受けてナスダックが前日比マイナスとなった。

 

参加者も少ないんので、この日の動きに特に意味はないだろう。

崩れなかったことが強気の投資家心理を表しているのかもしれない。

 

米総合PMIはほとんど反応されなかったが、経済指標は確実に悪化をしているように感じる。

 

エヌビディアは決算以降の動きがさえない。

中国への輸出については鈍化が必須で、今後さらに締め付けが強まれば更に厳しい評価となるか。

 

日本相場

 

日経平均先物は上昇。

ドル円は円高となったが、米国株が下げなかった点を引き継いだのだろう。

月曜は100円程度の上げではじまるか。

寄り付きに織り込んでしまえば、あとは米株先物やドル円動向で多少動く程度と予想する。

週末にブラックフライデーの消費データなどが出れば、米国先物が強く反応するかもしれない。

 

 

その他

今週はマーケットは実質水曜までの展開でしたね。

週後半もマインドは悪化していないので、来週も出だしは堅調ムードが続くと予想。

 

あまり大きく下げる材料が見えない状況。

こういう時に急落する場合は新規の悪材料が発生するとき。

しかし見えない材料を不安がっても仕方がないので、年末高ラリーに賭けるべく株買い行動が投資家の基本姿勢となるように思います。