ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

【2023/12/23】米株は主要3指数が揃って8週続伸 クリスマス休暇で薄商い

今週の予定

kabutan.jp

マーケットの注目材料

 

 

 

 

 

本日の投資日記

米国相場

 

米株は高安まちまち。

クリスマス休暇もあり結果的に小動きに。

 

週間ではダウ平均が0.22%高、S&P500が0.75%高、ナスダック総合が1.21%高となり、3指数がそろって8週続伸。

S&P500は2017年以来、ダウ平均も2019年以来の長期連騰を記録した。

 

クリスマス休暇で薄商いのお休みモード。

米取引所の合算出来高は96億3000万株。直近20営業日の平均は125億2000万株。

日本相場

 

www.nikkei.com

 

日経先物は33,280円で引けた。

高値圏で終えたと言えるが、週明けは米国市場が休場。

週明けの国内投資家だけの参戦となり、動意を欠いた様子見の動きとなると思われる。

 

その他

少子化対策が劇的に成果を生み始めないと、ここから日本はただ衰退するだけの国になる。

人口減は避けようがないので、1人当たり生産性を上げるか、人数が増えるかしか救いの道は無い。

 

 

唐突の規制案で日本ではネクソンなど急落。

この国の突発的な動きは毎度驚かされる。

 

 

現在の支持率はともかく、年齢的なものでよく代表に推薦できるな、と思ってしまう。

今年はマコネル院内総務とかも質問受けて完全にフリーズしたりしていたし、年齢的な上限は設けられていないけど特に軍事関連の権限などは大丈夫なのだろうか。

トランプ氏が行うような方面のリスクはないにしろ、民主も新しい芽が出て来るのが望ましいと思うのだが。