ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

【2023/12/09】米国は強い雇用統計でも株価上昇 ドル円は145円近辺まで円安進む

今週の予定

kabutan.jp

マーケットの注目材料

 

 

 

 

 

本日の投資日記

米国相場

 

 

 

 

米雇用統計は予想を上回ったが、ミシガン大学消費者態度指数の期待インフレ率は低下。

24年の利下げを見込む確率は若干下がったのだが、利下げ見込みが優勢なのは変わりなし。

 

S&P500の終値は2022年3月以来の高値、ナスダックの終値は22年4月以来の高値を記録。

 

米株は高値波乱が起きそうな雰囲気もあるのだが、買い意欲が強く上昇を続けている。

多少雇用指標が強くても、インフレ低下は進んでおり。利上げは完全に打ち止めと見られていて、警戒されていないように思える。

この雰囲気なら強い雇用統計も景気後退を回避する好材料として捉えられるのも理解できる。

 

日本相場

 

f:id:champoro:20231209104443p:image

 

日経先物は上昇している。

金曜日は円高ショックで急落したが、ドル円は145円近辺まで回復している。

 

f:id:champoro:20231209104659p:image

 

 

その他

 

 

来年のS&P500シティは11%上昇の5,100を予測。

この予想通りにいくなら積み立ててしてて嬉しい結果と言える。

 

結果的に当たるかもしれないけど、基本的に予測は当たらない。

けど、予測が無いと人間は投資に踏み切れないという性質。

上向きを信じて来年も投資していきます。

 

年末高期待で見事に上げている米国株。

もたついて結局下げちゃう日本と違って、やはり投資するなら米国と思わせる結果になっている。