ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

2023/07/13【米国市場】PPIも低下で7月利上げが最後との見方強まる 金利低下ドル安でハイテク中心に上昇

米国市場概況

 

 

 

相場へのコメント

 

米株はハイテク中心に上昇。

この日発表された6月PPIも市場予想を下回り、インフレ鈍化傾向が鮮明となった。

前日の6月CPIの低下と併せてFRBの利上げ観測が年内2回から1回に後退するとの見方が強まった。

FRBは7月の利上げが最後になるとの見通しが主流になっている。

 

この日は新規失業保険申請件数は予想外に減少し、労働市場は依然引き締まった状態にある。

雇用状況から見るとFRBは引き締めを継続を正当化するようにも思える。

 

FRBの利上げ観測打ち止め期待からの上昇を、昨年から何度も繰り返している。

そのたびに楽観を裏切られてきた歴史があるわけだが、今回はいよいよ利上げの最終局面が近いといった雰囲気に。

経済のソフトランディングが実現できるかは不透明なので、その点からまだ買いが入っていないように見える。

しかしFOMO(上昇に取り残される恐怖)で買いが続くようにも思う。

 

買いの中心は相変わらずハイテクで、ここ最近の上げは業績期待寄りは金利安ドル安が大きそうだ。

本日から金融機関を皮切りに決算発表が始まるが、株価と照らし合わせて決算の受け止め方を観察したい。

一部の銘柄が指数を押し上げる状況なので、数銘柄のショックがあれば指数の下落も見られるかもしれない。

 

今日はナスダック100のリバランスもあるはずで、週末でもありさすがに上昇も一服となるのではないか。

逆に週末を全く気にしないとなると、いよいよすごい上げにつながるという気がしている。