ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

2023/07/12【米国市場】CPIが総合とコアで事前予想を下回る FRBの利上げは7月が最後になるとの見方強まる

米国市場概況

 

 

 

 

相場へのコメント

 

CPIが総合・コアともに市場予想より低下したことで、市場は安堵した。

ハイテクを中心に買われ、主要3指数が上昇。

FRBは年内2回の利上げが適切というが、市場は今回の7月利上げが最後ではないかと踏んでいる。

 

金利が低下しドル安が鮮明となった。

ECBやBOEはインフレが続いて利上げ姿勢も鮮明なため、ユーロやポンドが対ドルで急上昇した。

ドル安を受けて金や原油も上昇している、

原油は週間石油在庫統計が増加したが、将来の需要後退懸念が退いたことが何よりの追い風となっている模様。

 

本日のPPIも事前予想で低下が見込まれており、その通りになれば来月以降のインフレ鈍化の確度も高まるだろう。

市場の注目は週末から始まる企業決算に早くも移っている模様だ。

金融株は出遅れていることもあり注目が集まっているが、何よりもAIn恩恵を受けるハイテク株の見通しに期待があるだろう。

 

上期のナスダックの驚異的な上昇にAIへの収益化期待があり、一部の銘柄が指数上昇のほとんどを主導することへの批判も多かった。

その期待を裏切らない強気見通しが示されるかが焦点となりそう。

 

調査会社リフィニティブがまとめた市場予想では、主要500社の業績は第2四半期(4~6月期含む)は減益という。

しかし年後半は増益に転じる見通しとなり、現状の株価は先んじて上げていると思われる。

 

下期のスタートは株価指数からみても、材料面から見ても明るいものとなっている。

しかしこの勢いが年末まで続くわけは無いと思う。

FRBの利上げ懸念後退に加えて決算反応も良好となれば暴走的な上昇が起きそうだが、冷静に見る目も忘れないようにしたい。