ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

2023/07/18【米国市場】米株は続伸し主要3指数が年初来高値を更新 決算の好影響で個別銘柄が上昇 G20財務省・中銀総裁会議でユーロや円に関する材料が出る

米国市場概況

 

 

 

 

 

相場へのコメント

米株は続伸で主要3指数が年初来高値を更新。

注目された指標の小売売上高はそれほど指数をサポートしたがそれほど影響が無く、個別銘柄の動きが目立った印象。

 

ダウは7日続伸している。

14日発表のユナイテッドヘルスの好影響がこの日も見られた。

決算で金融が強く上昇が目立ったが、空売りの影響か各企業の上げ幅が大きい。

 

ハイテクも相変わらず上昇を続けている。

マイクロソフトなどは新製品の値付けなど材料があったが、ネットフリックスは決算前に上昇しているの大丈夫だろうか。

リスクオンが強まってきて、買い方が雑になってきている印象がある。

ナスダック100の特別リバランスなどは特に材料視されていないようだ。

 

G20財務相中央銀行総裁会議で為替材料になりそうな情報が出ている。

日銀の植田総裁は緩和継続の姿勢を示す発言をした。

ECBを構成する主要国の中銀トップが相次いで9月以降の利上げに関するトーンを弱める発言をしたとのこと。

ドル安の流れが出ていたが多少の変化が現れるかもしれない。

FRBのコメントは見られなかったようだ。

FRBはブラックアウト期間だからか?

日本とECBの各国は発言して良いのだろうか?

 

原油と金が反発。

原油は中国の経済対策やロシア減産が材料で、金は金利低下見込みが押し上げ要因に。

 

株式市場はダウが決算要因もあり強いのと、ハイテク買いが衰えないことで上昇が続いている。

ちょっと過熱感が増してきているように思うが、決算材料などであれば指数全体の過熱を気にせず上げていくかもしれない。

決算で過熱しすぎると、8月のバカンスシーズンの夏枯れなどが心配になってくる。

米国の決算は今月で大半の企業が終了する予定となっている。