ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

【2024年1月16日】前日は週初の海外投資家不在でも、日本相場の無双状態が継続

前日は週初かつ米国市場休場でも日本時間が活況

一時36,000円達成の場面も

強さもいよいよ本格的というか、週が明けても無双状態が続いています。

 

週初と米株休場日で海外投資家の不在が、出来高やモメンタムに影響与えるかと思いきや影響なし。

 

前場に切り上げて水準を後場にも維持して終えました。

後場の高値は一時36,000円到達。

その上を目指せなかったことが、海外投資家不在といった影響でしょうか。

 

 

 

個人的には年初の新NISAでの上昇は36,000円でいったん休憩かと思います。

 

ここから多少下落するにしても、どこで底堅さが見られるかが非情に興味深い。

 

 

相場環境へのコメント

米国相場

15日の米市場はキング牧師誕生日の祝日で休場

 

欧州市場では英FTSE100種総合株価指数と、ドイツ株価指数(DAX)がともに反落

日本相場

 

その他

 

また、中国で取引されているチャイナAMC野村日経225上場投資信託(ETF)は依然として商いを伴って強い上昇が続いており、日本株への中国マネーの流入が相場を押し上げている。

 

最近「チャイナマネーの流入」と騒がれているが、このETFの上下が流入を図る指標なんですね。