ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

【2023/12/29】前日の米株は小動きで高安まちまち 日本は大納会での年初来高値更新は難しい状況か

今週の予定

kabutan.jp

 

マーケットの注目材料

株式

 

為替

経済指標/金融政策

 

商品・その他

 

 

本日の投資日記

米国相場

ダウは3日続伸で取引時間中と終値での史上最高値を更新。

S&P500はわずかながらも5日続伸で、昨年22/1/3の終値の最高値まであと0.28%に。

ナスダックはわずかながら5日ぶりの反落。

 

Rusell2000とSOXはわずかながら下落。

 

米取引所の合算出来高は94億6000万株。

直近20営業日の平均は125億7000万株。

 

年末ということで薄商いが続いている。

翌日も年末ということもあり動きにくいだろう。

 

S&P500が最終日に22/1/3の最高値を更新しそうな気もする。

しかし商いも薄いことから熱狂的な環境にはならないのではないだろうか。

投資家は来年の年初の動きに身構えているように思える。

 

DOW
  37710.1 +53.58 (+0.14%)
NASDAQ
  15095.136 -4.04 (-0.03%)
S&P500
  4783.35 +1.77 (+0.04%)
Rusell2000
  2058.34 -7.88 (-0.38%)
SOX
  4208.68 -5.91 (-0.14%)

WTI
  71.77 -2.34 (-3.16%)
ドル円
  141.40 -0.43

 

米10年債利回り(%)
  3.8461 +0.057
米2年債利回り(%)
  4.2808 +0.039

VIX
  12.47  +0.04

 

日本相場

 

今日は年内最後の取引日である大納会。

本来株式市場はスケジュールに関わらず連続性があるものだとは思うのだが、会社では人間が活動し、投資活動も(まだ)人間が主役の時代だから年の区切りという節目に値動きは特異なものになる。

 

日経は今年の終値の年初来高値7/3の33,753円を更新して終わりたいが、前日の米株がはっきりしないこともあり難しそう。

 

来月4日に取引を再開するまで、米国株式市場では3営業日商いが行われる。

国内市場が休場となる中、12月ISM製造業景況指数などの米経済指標が公表される。

年明けの急変動などを恐れ今日は手が出しにくいだろう。

 

 

 

 

 

その他

ロシアとウクライナの紛争も来年2月で2年たってしまう。

今年は中東でのイスラエルとハマスの紛争も始まってしまい、アジアでは台中関係が火種としてくすぶる。

バイデン政権は来年に大統領選挙を迎え、この世界各地での紛争に対する成果や今後のコミットを問われるだろう。

ウクライナ支援については共和党との確執も先鋭化している。

どのような展開になるかは湧かないのだが、地政学リスクが全て上手く納まる可能性は低いように思えてしまう。