ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

2023/07/21【米国市場】来週のFOMCを控え株は小動き ダウは10連騰を記録 ドル円が政策維持の観測報道でドル高円安に

 

 

米国市場概況

 

 

 

相場へのコメント

 

この日の米国は主要経済指標もなく、来週の中央銀行ウィークも控えて動きにくい展開。

前日からのハイテク安が継続したが、ディフェンシブ銘柄などが上昇し主要3指数が前日終値からほぼ横ばいで終了した。

 

ダウ平均は10連騰で今週負けなしとなった。

なにより決算の好感が大きかったが、株式市場全体に浮揚感があり、年初来の上げ幅で他2指数に劣後しているダウは再評価の対象となった印象。

ナスダックは今週のテスラのネットフリックス決算から利益確定の動きが目立っている。

この日はナスダック100のスペシャルリバランスも控えて動きにくかったようだ。

セクターローテーションが進んでいるのは株式市場の足腰が強くなり、良いことだと思う。

 

この日動いたのはドル円相場だった。

ロイターとブルームバーグが来週の日銀会合で金融政策の据え置きの観測記事を発信。

それを受けて急激にドル高円安が進んだ。

来週の中央銀行会合ではFRBが0.25%利上げ、ECBも0.25%利上げがほぼ確定的となっている。

日銀会合だけがミステリーな状況だったので、観測報道で動きが出た。

しかし実際に会合を見たい参加者も多いのか、急変動の後は動意に欠けた横ばいの動きだとなった。

なお、財務省の神田財務官は21日に為替市場での円安進行に関連して、「緊張感を持って注視している、過度な変動は望ましくないという観点からあらゆる手段を排除せず検討していく」などとコメントしている。

為替介入警戒からも一段のドル高円安は発生しにくいかもしれない。

 

今週は様子見姿勢の強い週で小動きが予想されたが、ダウの健闘などにより米国株式市場の良い雰囲気は保たれた。

流石に10連騰はやり過ぎなので調整あるかもしれないが、出遅れているダウには過熱感が乏しい。

ハイテクの株価上昇が減速したとしても、景気後退懸念がなければ決算後もディフェンシブが上昇していくことに期待したい。