ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

2023/07/19【米国市場】英国CPIは予想を下回りインフレ鈍化は世界的傾向に ダウは2019年9月以来の8連騰を記録

 

米国市場概況

 

 

 

 

 

相場へのコメント

 

この日は米国にあまり材料がなかった。

宅建設関連の指標の影響かセクターの上昇トップは不動産だったが、それが全体に及ぼす印象は薄かった。

引け後のテスラとネットフリックスの決算や、英国でのCPI低下の方が注目されていたかもしれない。

 

ダウは2019年9月以来の8連騰を記録している。

ナスダックはアップルの生成AIツール開発がマイクロソフトやアルファベットの下落を招いたようで小幅続伸。

米国指数の上昇要因は先週から継続するFRB利上げ打ち止め期待と、決算反応、株高についていく買いなどだろうか。

過熱感も強まってきているし、決算反応は良いだけとは限らないので連騰はそろそろ止まるのではないだろうか。

 

単月ではあるが英国のCPIが低下したことは、世界的なインフレ鈍化として好感されそうだ。

最近はECBも次回利上げ以降の利上げに慎重論が出ているし、米国と併せて利上げ打ち止め期待が高まっている。

日本だけは緩和しているが、これも含めて世界株には追い風が吹ているように感じる。

 

引け後のネットフリックス、テスラの決算反応は気になるが、この全体の基調を壊すほどのものではないと思われる。

夏枯れも懸念される季節ではあるが、サマーラリーへの期待も大きそうな状況となってきている。