ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

2023/07/17【米国市場】NY連銀製造業景況指数は予想外に上昇 ディスインフレとソフトランディング期待が株式を押し上げる 

米国市場概況

 

 

 

 

相場へのコメント

 

米国は買いの勢いが止まらない。

寄り付きこそ中国の経済指標悪化と先週からの利益確定売りなどが先行したが、終わってみればハイテク中心に上昇した。

この日は個別材料も豊富だった。

テスラの新商品やアップルの目標株価引き上げ銀行株の決算などが好反応を示した。

 

NY連銀製造業景況指数は予想を上回り、ソフトランディング期待が高まった。

価格指数は下落基調を保ったということで、ディスインフレ期待も高まった。

この日はフォードがEVの最安モデルを1万ドル近く値下げすることを発表。

EV市場は特殊な競争環境もあるだろうが、米国企業で値下げの動きが出ていることがディスインフレがより意識されそうだ。

今後多少インフレになったとしたら、株式市場は混乱するだろうが、実生活では雇用が安定していることが安全弁となりそうだ。

 

この日はハイテク中心に上昇しており、ナスダック100のスペシャルリバランスは特に悪影響を与えていないようだ。

 

この日からブラックアウト期間でFRBの発言なないので、市場の楽観度合いが更に進むかもしれない。

債券市場は来週のFOMCを睨んで様子見するかもしれないが、株式市場は決算発表が好材料になれば更なる買いが入ってくるかもしれないと思わせる状況だと感じている。