ぽろの投資日記【相場概況やコメント】

相場の概況や思ったことを日々更新します。相場概況、個別銘柄やニュースへの意見はあくまで個人の意見であり、投資を推奨するものではありません。投資判断は各自で責任を持ってお願いします。 記事に記載のURLには商品の紹介や仲介料が発生するものが含まれる場合があります。(Amazonアソシエイトリンク等)

2023/09/18【米国市場】翌日からFOMCを前に取引材料に欠ける展開 政策金利据え置きはほぼ確実か 金利見通しやパウエル議長会見に注目

米国市場概況

 

x.com

 

2023年9月18日
主要3指数は横ばい。引けにかけて上げ幅を縮めた。前週末に大きな下落があったが、反発が見られなかった。
翌日からのFOMCを前にポジションを傾けにくい状況で、株、債券、ドルと変動幅も限られている。
原油と金は上昇した。

 

 

x.com

 

 

今週は米英日の中銀ウィーク。

今回のFOMCでは政策金利の据え置きがほぼ確実視されているが、今後の金利見通しやパウエル議長の会見が注目されている。

全米自動車労組(UAW)のストライキが始まる。結果としての賃上げや、期間の長期化、他の工場への拡大などに繋がらないか動向が注目されている。

 

 

 

相場へのコメント

 

今週は米国、英国、日本で中央銀行の金融政策決定会合が集中する「中銀ウィーク」。

最初の米国FOMCがもっとも注目され、株、債券、為替とポジションを動かしにくい状況となっている。

 

米主要3指数は変動幅も少なく、引けに上げ幅を縮めてなんとかプラス圏で着地。

先週の金曜日に大幅下落したことを思うと、自律反発としても弱すぎる状態。

FOMCを通過するまで今後の展開は見えてこないだろう。

 

原油相場はこの日も上昇している。

利益確定売りも出ているようだが、需給の引き締まった状態が続くとの見方が根強い。

 

9月の米住宅市場指数は45に低下し、好不況の境目の50を下回った。

市場予想にも届かず、他の住宅関連指標も同様に悪化傾向が出てくるかに注目が集まる。

 

15日に全米自動車労組(UAW)のストライキが始まっており、自動車大手3社の一部工場で稼働が停止している。

現在のストの「長期化」や「他の工場への拡大」が起きると、米国の経済統計にも影響が懸念されるとの声がある。

結果として賃上げが通った場合も、インフレ懸念が高まる可能性がある。